診療科目のご案内

糖尿病科

糖尿病科のご案内

健康診断で、血糖値が高いと言われたことはありませんか?
空腹時や食後の血糖値が正常値より少し高かったり、高血圧や脂質の値に異常値が記録された方は「糖尿病予備群」と言えます。
平成28年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省引用)から「糖尿病が強く疑われる者」は約1,000 万人と推計され、全体の割合は、12.1%と発表されています。
糖尿病の治療自体は「治る」「治らない」といったものではなく、血糖値を正常値に近い値にコントロールし、健康な人と同じ状態でいられるようにします。
糖尿病はほとんど自覚症状がない病気となりますが、治療しないでいると、やがて網膜症・腎症・神経障害、心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化症を引き起こします。

当院では、この合併症を発症させないよう患者様にただしく「糖尿病」という病気を理解していただき、
その患者様の病状や生活状態に合わせ、合わせた治療を行い、血糖値が高くなりやすい体質自体を改善を目指します。

手足のしびれや痛み、痛みや熱さに鈍くなる、下痢や便秘、胃の働きが乱れる、ひどい立ちくらみ、低血糖がわからない、尿意を感じない、排尿に時間がかかる、顔の一部分が動かない

【主な合併症】
網膜症、腎症、神経障害、心筋梗塞、脳梗塞

【当院で受けられる検査内容】
・DPN 検査
・院内採血、尿検査
・ABI 検査
・頚動脈エコー 検査
・心電図 検査

診療科目のご案内

  1. 一般内科

    一般内科

    「発熱」「頭痛」「腹痛」など一般的に広く日常的にみられる症状への対応や、体の不調やなんとなくスッキリしないなど何でも相談できる「病院の入口」とも言える内科全般の診療を行う診療科です。 「何の病院に行ったらいいの?」「誰に相談したらいいの?」など不安や疑問をお持ちでしたら、どんなことでもご相談ください。

  2. 循環器科

    循環器科

    「胸や背中が締め付けられる」「動悸がする」「寝転んでいる時に息切れが起こる」「ふらつき・めまいがする」「足がむくむ、痛い」これらの症状がおきたとき、身体に何が起きているのでしょう?これらは共通して、心臓が悪いときの兆候のひとつです。軽い自覚症状の段階でご相談いただければ、重大な疾患の予防が可能となります。当院では、「予防」に力をいれており、「血圧管理」を初めとして「生活習慣病管理のプロ」です。お気軽に当院にご相談ください。

  3. 糖尿病科

    糖尿病科

    糖尿病はほとんど自覚症状がない病気となりますが、治療しないでいると、やがて網膜症・腎症・神経障害、心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化症を引き起こします。 当院では、この合併症を発症させないよう患者様にただしく「糖尿病」という病気を理解していただき、 その患者様の病状や生活状態に合わせた治療を行い、血糖値が高くなりやすい体質自体を改善を目指します。

  4. 小児科

    小児科

    日々成長していくお子様の年齢や、発達に合わせて診療を進めて参ります。とくに小さなお子様に関しては、自身の体調不良を明確に表現することが難しい為、少しでも普段と様子が異なれば、受診して頂くことを強くお勧めします。 小さいお子様でも、安心して待っていただけるよう、個室を用意しております。 お子様たちの気分が少しでも和らぐようキッズスペースも用意しております。